仮想通貨

【MetaMask】トークンを追加する方法と非表示にする方法

BSCネットワークなどからMetaMask(メタマスク)にトークンを送付したのに表示されず、GOXしてしまったと不安になった方へMetaMaskへのトークンの追加方法をご紹介します。

ムーン北村
ムーン北村
MetaMaskでは場合によってはトークンを手動で表示させる必要があるのですが、手順はかなり簡単です
手順は2ステップだけ
  1. 追加したいトークンのコントラクトアドレスを見つける
  2. MetaMaskの「トークンを追加」→「カスタムトークン」でコントラクトアドレスを貼り付ける

それでは早速手順を解説していきます。

MetaMask(メタマスク)へのトークン追加方法

MetaMaskにトークンを追加するには追加したいトークンのコントラクトアドレスを調べる必要があります。

BEP20系のトークンならBSC ScanでERC20系のトークンはEtherscanで調べることができます。

ムーン北村
ムーン北村
今回はBANANA(BEP20)の追加を例に画像と共に解説していきます

BSC Scanでコントラクトアドレスを調べる

BSC Scanにアクセスしたら画面左上の検索窓に追加したいトークンの名前を入れます。

検索候補が表示されるので今回はBANANAをクリックします。

BANANAの詳細ページに移動しました。

左上の赤ラインがトークン名、右側の四角で囲っているのがコントラクトアドレスです。

コントラクトアドレスをコピーしてMetaMaskを起動させます。

MetaMaskにトークンを追加する手順

  • STEP1
    MetaMaskにトークンを追加する①

    MetaMaskを開いてトークン一覧の画面から一番下までスクロールして「トークンを追加」をクリックします。

  • STEP2
    MetaMaskにトークンを追加する②

    トークンの追加画面に移動するのでカスタムトークンのタブをクリックして先ほどコピーしたコントラクトアドレスをペーストします。
    ※「トークンシンボル」と「少数点桁数」は自動入力されます。

    入力が反映されたら「次へ」をクリック。

  • STEP3
    追加完了

    トークン名が表示されるので、「トークンを追加」をクリック。
    無事に反映されたら追加完了です。

    ムーン北村
    ムーン北村
    今回の例のように持っていない銘柄を追加することもできます

トークンを非表示にする方法

トークンの追加手順は上記の通りですが、トークンを非表示にする手順も一緒に解説しておきます。

この作業はトークンの「削除」ではなく「非表示」なので、誤って非表示にしてしまっても上記のトークンの追加作業を行えば再度表示することができます。

ムーン北村
ムーン北村
MoonRat(MRAT)を例に解説します
  • STEP1
    非表示にしたいトークンを選択

    MetaMaskの一覧から非表示にしたいトークンを選択し、トークン画面右上の赤枠で囲ったアイコンをクリックします。

  • STEP2
    トークンを非表示にする

    「MRATを非表示にする」をクリックして、再度確認画面が表示されるので、こちらも「非表示」をクリックしましょう。

  • STEP3
    非表示完了

    トークン一覧に戻り、対象の通貨が非表示になっていれば完了です。

トークンの表示・非表示はよく使います

MetaMaskをモバイルと同期した時には、PC版で追加していたトークンは反映されず新たに追加する必要があります。

また草コインのフェアローンチなどに参戦しているとトークン一覧がかなり散らかってくるので定期的に見直すようにしていきましょう。