仮想通貨

MetaMaskのスワップ機能の使い方

この記事ではMetaMask(メタマスク)内で他の通貨に変換できるスワップ機能について解説しています。

スワップ機能は2020年10月に追加された機能で、当初はFireFoxのみで利用可能でしたが現在はChromeやモバイルアプリでも利用ができるようになっています。

MetaMaskのスワップ機能について

メタマスクのスワップ機能

PancakeSwapなどさまざまなDEX(分散型取引所)があり、これらの取引所を通じてトークンを変換するのが一般的です。

MetaMaskのトークンスワップの特徴としては、取引所の中から”最良の交換レート”を自動的に取得して表示してくれるという所です。

レートを取得する取引所の一例

Uniswap、Airswap、KYBER、0xAPI、1inch.exchange、dex.ag、Paraswap、Totle etc…

ムーン北村
ムーン北村
トークンの交換にはガス代(取引手数料)がかかりますが、こちらも最良の価格を見つけて一番効率のいいものを自動で選択してくれます

MetaMaskでのスワップの手順

  • STEP1
    変換元と変換先の通貨を選択

    MetaMaskを開いて「スワップ」を選択してスワップ元とスワップ先にそれぞれ通貨を選択します。

    ※コントラクトアドレスを入れて表示することもできます。

  • STEP2
    スワップを実行①

    スワップ元とスワップ先を選択したら「Review Swap」をクリックします。(ここで詳細オプションから最大スリッページを変更することも可能です。)

    「Review Swap」を実行すると最適なレートの取引所を探し始めます。

    スリッページとは

    注文した時点と注文が承認された時点で価格が変わることをスリッページと呼びます。スリッページが最大スリッページ設定を超えると、スワップは自動的にキャンセルされます。

    ムーン北村
    ムーン北村
    何%までの価格変更を良しとするかの設定です。よほど値動きの激しい通貨でなければデフォルトで大丈夫です
  • STEP3
    タイトル3

    表示された金額、手数料に問題がなければ「スワップ」を押せば完了です。

    ※画像2枚目:「〇〇個の見積もり」をクリックすれば、MetaMaskが収集した他の取引所での見積もりも表示させることができます。

覚えておいて損はありません

今はDEX(分散型取引所)が多数存在し、SafePal Wallte(セーフパルウォレット)やTrust Wallet(トラストウォレット)でも同様にスワップができるので珍しい機能ではありません。

ですが、PCとモバイルアプリ両方揃っているということがMetaMaskの強みなので覚えておいて損はないかと思います。

ムーン北村
ムーン北村
LINEで友達登録とかの条件も一切なく完全無料で全て公開しています。

読んで損は絶対にさせませんので、是非参考にしてみてください!!

こちらの記事も一緒に読まれています