【DeFi】FantomのSpiitSwapでファーミングを始める手順

この記事では、Fantom Opera(ファントムオペラ)上で稼働するDEXの「SpiritSwap(スピリットスワップ)」の使い方について解説しています。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]Fantom上のメインAMMとして使用者が激増中です[/chat]
[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]この記事の最後にノーリスクで5,000円分のBTCを貰える激アツ情報も公開しています。[/chat]

 

絶対に損はしないお話なので是非活用してみてください

 

 

Fantom Operaとは

Fantomは、スピード、セキュリティ、分散性というブロックチェーンを構成する上で大事な3つの要素をいずれも高いレベルで実行できる今注目のブロックチェーンです。

Ethereumのスマートコントラクト開発ができるEVM互換性も備えていて、手数料も安く、トランザクション速度も速いことから利用者が急増しています。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]参考までにBSCの処理速度は300回/秒ですが、Fantomは4500回/秒です[/chat]

Fantom上でDeFiがスタートし、今年の4月からトランザクションが急激に上昇しており、SpiritSwapはそんなFantom上で一番注目されているプロジェクトです。

ファーミングでもらえる報酬はSpritSwapのガバナンストークンのSPIRITです。

基本的な使い方は他のブロックチェーンのDEX(PancakeSwapやPolycat等)と同じなのでFantomに対応したウォレットがあればすぐに始めることができます。

メタマスクにFantomを追加して資金を送金するまでの手順

SpiritSwapでファーミングを始める手順

[box03 title=”手順一覧”]
  1. ウォレットに接続
  2. LPを作りたいペアの通貨を1:1で用意する
  3. 流動性を供給してLPトークンを入手
  4. LPトークンをデポジット
[/box03] [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]たいして難しい手順はありません[/chat]

今回はFTMーUSDCのペアでのファーミング手順を例に解説していきます。

  • STEP1
    ウォレットに接続

    SpiritSwapにアクセスして、画面右上の「Connect」をクリック

  • STEP2
    「MetaMask」を選択

    「MetaMask」をクリックします。

  • STEP3
    接続完了

    先ほど「Connect」になっていた部分にウォレットアドレスが表示されれば接続は完了です。

FTMの半分をUSDCにスワップする

ファーミングを始めるには、LPを作る必要があります。

今回はFTM-USDCのペアでファーミングをしていくので、ウォレットにあるFTMの半分をUSDCにスワップしています。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]FTMはガス代で少量必要になるので少しは残しておく必要があります[/chat]
  • STEP1
    「Trade」に移動

    左側のメニューから「Trade」をクリックします。

  • STEP2
    FTM-USDCでスワップ

    FTMとUSDCのペアを選択して、数量を入力後「Swap」をクリックします。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]1.8FTMはガス代用に残してます[/chat]
  • STEP3
    「Confirm Swap」をクリック

    スワップ後の数量やPrice Impact(価格レートに与える影響)などを確認して問題なければ「Confirm Swap」をクリックします。

  • STEP4
    ウォレットで承認

    ウォレットのポップアップが開き、承認を求められるので「Accept」をクリックします。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]画像ではメタマスクではなく、マスウォレットで承認しています[/chat]
  • STEP5
    完了

    こちらの画面が表示された後、トランザクションが通ればスワップ完了です。

流動性を供給する

FTMの半分をUSDCにスワップできたら次はペアで流動性を供給してLPトークンを入手します。

  • STEP1
    「Liquidity」を選択

    続いて、画面上部の「Swap」の部分を「Liquidity」に変更して、USDC側でMAXをクリックします。

  • STEP2
    Approve(初回のみ)

    初回のみApproveが必要なので、「Approve USDC」をクリックします。(※ウォレットで承認が必要)

  • STEP3
    「Supply」をクリック

    Approve完了後、「Supply」をクリックします。

  • STEP4
    LPトークンの数量を確認

    受け取れるLPトークンの数量が表示されるので、確認後「Confirm Supply」をクリックします。

  • STEP5
    ウォレットで承認

    毎度のごとく、ウォレットで承認。「Accept」をクリックします。

  • STEP6
    完了

    上記の画面が表示されたら、程なくしてLPトークンが付与されます。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]残りの作業はこのLPトークンをFarmに預けるだけです[/chat]

LPをファームに預ける

  • STEP1
    Farmingに移動

    左のメニューで「Farming」をクリックすると、ファーミングができる銘柄の一覧が表示されるので、今回はFTM-USDC LPをクリックします。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]初回はApprove(承認)が必要です[/chat]
  • STEP2
    ウォレットで承認

    ウォレットのポップアップが開くので「Accept」をクリック

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]この後も要所要所でウォレットの承認がありますが、省きます。とりあえず承認してください[/chat]
  • STEP3
    Stakeをクリック

    Approveが完了すると、表示が「Stake」に変わるのでこちらをクリックします。

  • STEP4
    LPを預け入れる

    LPのStake画面が開くので、MAXを選択後、「Confirm」をクリックします。

  • STEP5
    完了

    ファーミングが始まると、グレーアウトしていた「Harvest」のボタンがクリックできるようになります。

    定期的に収穫して再度LPを組むか他の通貨に変えるなどしていきましょう。

[chat face=”スクリーンショット-2021-09-09-114116.jpg” name=”アース西村” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]ファントムウォレットの使い方は分かったんですけど、冒頭でお話していた激アツ情報というのは、、[/chat] [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]簡単に説明しますね。[/chat]
  1. 誰でも絶対に1,400円分の仮想通貨が貰える。
  2. 毎週1回5,000円分の仮想通貨が1人貰える。(競争率激低)
  3. 毎週1回$5,000分の仮想通貨が貰える。(競争率高)

落ちているお金を拾う感覚で、是非こちらの記事を読んでみてください!

[box06 title=”あわせて読みたい”] 仮想通貨ユーザー必見!!激アツのエアドロップ情報[/box06]