RAYDIUMでファーミングとステーキングを始める方法

この記事ではRAIDIUMでのファーミングやステーキングの始め方について解説していきます。

異なるブロックチェーンを扱うときは毎回緊張しますが、UniSwapやPancakeSwapなどを触ったことがある人なら楽勝です。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]RAYDIUMやSolanaの解説ともにご参考にしていただければ幸いです[/chat]
[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]この記事の最後にノーリスクで5,000円分のBTCを貰える激アツ情報も公開しています。[/chat]

 

絶対に損はしないお話なので是非活用してみてください

 

RAYDIUMとは

RAYDIUMは、UniSwapやPancakeSwapと同じDEX(分散型取引所)ですが、UniSwapはイーサリアム、PancakeSwapはBSCとそれぞれ違うブロックチェーン上で構築されており、RAYDIUMはSolanaというブロックチェーン上で構築されているDEXです。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]サイトUIはシンプルでかっこいいのですが、2021年5月現在スマホからでは表示がおかしいのでPCからの使用をおすすめします[/chat]

Solanaがなぜ今注目されているのか

手数料(ガス代)が安い

イーサリアムの高騰によってUniSwapなどではトランザクションを実行するだけで、タイプに応じて数ドルから数百ドルかかってしまい、少額投資のユーザーはもはや太刀打ちできないレベルに達しています。

そこで、手数料が安いBSCがシェアを伸ばしましたがこちらもBNBの高騰によってトランザクションごとに数十円の手数料がかかるようになってきています。

その点、Solanaは1回あたりの手数料を一円未満で実行することができます。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]ERCに比べたらBSCはまだまだ安いですが、初期から参加している人は少し割高感を感じています[/chat]

ダントツで処理が高速

“処理が高速なブロックチェーン”と謳っているプロジェクトは多数ありますがその多くは秒間50〜100トランザクションです。

Solanaの場合、独自のコンセンサスメカニズムであるProof of Historyを採用しており、なんと秒間5万トランザクションです。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]レベチです[/chat]

他にもイーサリアムネットワーク上で動いているSushiSwapの流動性プールをRAYDIUMと統合するBONSAIというブロジェクトが進行中など、とにかく今注目度の高いブロックチェーンがSolanaです。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]とりあえず今はこの辺だけふわっと頭に入れておきましょう[/chat] [box03 title=”RAYDIUMを使うまでの準備”]
  1. Solana対応のウォレットを作成
  2. FTX(取引所)からウォレットにSOLを送る
  3. RAYDIUMでファーミングやステーキング
[/box03] [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]ザクっとこんな感じです[/chat]

Solana対応のウォレットを作成

RAYDIUMでDeFi運用を始めるにはSolanaチェーン対応のウォレットを作成する必要があります。

代表的なものでSolletやMathWalletがあります。それぞれのウォレットの作成方法は下記の記事を参考にどうぞ

MathWallet(マスウォレット)のインストール方法|Solletをインポート編

https://p2p-all.com/sollet/[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]すでにウォレットを作成している方は飛ばしてもらって大丈夫[/chat]

FTXからウォレットに送金

次にウォレットにSOLを送金する作業です。

今回はバイナンスからFTXにLTC(ライトコイン)で送金していきます。

  1. バイナンスからFTXにLTCを送金
  2. FTXでLTCをSOLにコンバート
  3. SOLをMathWalletに送金
[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]こんな手順で行っていきます。FTXの口座解説がまだの人は下記の記事を参考に口座解説をしましょう[/chat]

FTXの口座解説方法|初期設定までを完全解説

  • STEP1
    FTXでLTCの入金アドレスを取得する①

    FTXのWalletタブを開いて通貨一覧を表示します。

    今回はLTCの「Deposit」をクリック。

  • STEP2
    FTXでLTCの入金アドレスを取得する②

    表示されたLTCのアドレスをクリックしてコピーしましょう。

  • STEP3
    バイナンスからLTCを送金①

    バイナンスでLTCの出金画面を開き、先ほどコピーしたアドレスを貼り付けて、送りたい金額を入力後、「出金」をクリックします。

  • STEP4
    バイナンスからLTCを送金②

    確認のポップアップが表示されるので、アドレス、送金額に間違いがないことを確認して「次へ」をクリック。

  • STEP5
    バイナンスからLTCを送金③

    これでバイナンスからFTXへの出金が完了しました。

    あとは、FTXにLTCが着金するのを待ちましょう。

  • STEP6
    FTXでLTCをSOLに変換①

    FTXにLTCが着金したら「CONVERT」をクリックします。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]Marketで取引した方が若干レートが良いのですが、そこまで変わらないので簡単なこちらで解説しています[/chat]
  • STEP7
    FTXでLTCをSOLに変換②

    To Coinの項目でSOLを選択して、Quantityに変換したい数量を入力します。(今回はMAX)

    その後、「CONVERT」をクリックします。

  • STEP8
    FTXでLTCをSOLに変換③

    ウォレット残高がLTCからSOLに変わっていれば完了です。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]次は変換したSOLをウォレットに送る手順を解説します[/chat]

FTXからウォレットにSOLを送金

  • STEP1
    MathWalletの入金アドレスを取得①

    Chromeの拡張機能からMathWalletを開いて、「Web Wallet」をクリック。

  • STEP2
    MathWalletの入金アドレスを取得②

    ブラウザの新しいタブが開くので「Login via Math Wallet Browser Extension」をクリックします。

  • STEP3
    MathWalletの入金アドレスを取得③

    開きたいウォレットにチェックを入れて「Accept」をクリック。

  • STEP4
    MathWalletの入金アドレスを取得④

    MathWalletが起動したらSolanaのロゴの下にある赤枠部分をクリックして、SOLのアドレスをコピーします。

    ※このアドレスはSOL専用のアドレスなのでSolanaの別の通貨(RAY等)を受信したい時は右側の通貨一覧から受け取りたい通貨を選んでアドレスをコピーしましょう。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]SolanaはBSCと違って通貨ごとにアドレスが設定されています[/chat]
  • STEP5
    FTXからSOLを送金①

    ウォレットの入金アドレスを取得したら、FTXに戻りSOLの「WITHDRAW」をクリックします。

  • STEP6
    FTXからSOLを送金②

    出金画面が開くので、先ほどコピーしたアドレスをペーストして、ウォレットに送金したい金額を入力します。

    その後、「SEND SMS」をクリックするとスマホに認証コードが届くので入力して「WITHDRAW」をクリック。

    後は、ウォレットにSOLが着金するのを待ちましょう。

  • STEP7
    完了

    しばらくして、ウォレットに送金した金額が反映されていたら完了です。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]次はいよいよRAYDIUMでのステーキングやファーミングの手順を解説していきます。[/chat]

RAYDIUMに接続

いよいよRAYDIUMでDeFi運用を始めるところまできました。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]やっとRAYDIUMに接続です[/chat]

https://raydium.io/にアクセスしましょう。

  • STEP1
    RAYDIUMにウォレットを接続①

    RAYDIUMにアクセスしたら「LAUNCH APP」をクリックします。

  • STEP2
    RAYDIUMにウォレットを接続②

    画面右上の「Connect」をクリック。

  • STEP3
    RAYDIUMにウォレットを接続③

    どのウォレットで接続するか選択ができるので「MathWallet」をクリックします。

  • STEP4
    RAYDIUMにウォレットを接続④

    画面左下に「Wallet Connected」と表示されれば完了です。

RAYDIUMでファーミング|流動性を提供する

ここまででやっと流動性を提供する準備ができました。SOLとRAYのペアを例に流動性を提供する手順を解説します。

ペアで預けるには同量のSOLとRAYが必要なので、まずはSOLの一部をRAYにスワップする必要があります。

  • STEP1
    SOLの一部をRAYにスワップする①

    Swapのタブに移動して、SOLの一部をRAYにスワップします。

    今回は約半分をRAYにスワップするので、数量を入力して「Swap」をクリック。

  • STEP2
    SOLの一部をRAYにスワップする②

    MathWalletの承認ポップアップが開くので「Accept」をクリック。

  • STEP3
    SOLの一部をRAYにスワップする③

    トランザクションが実行され、SOLの一部をRAYにスワップすることができました。

  • STEP1
    SOLとRAYのLPトークンを入手する①

    Liquidityの項目に移動して、RAYとSOLのペアでLPトークンを作ります。

    RAY側でMAXを選択して「Enter an amount」をクリックします。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]この時にSOLの方でMAXを選択してしまうと手数料分のSOLまで使用してしまうので、RAYの方でMAXを選択しましょう[/chat]
  • STEP2
    SOLとRAYのLPトークンを入手する②

    確認画面が表示されるので「Supply」をクリック。

  • STEP3
    SOLとRAYのLPトークンを入手する③

    MathWalletで確認のポップアップが出るので「Accept」をクリック。

  • STEP4
    SOLとRAYのLPトークンを入手する④

    トランザクションが実行され、画面左下に「Transaction has been confirmed」と表示されれれば完了です。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]お疲れ様です。これでやっとファーミングの準備が整いました[/chat]
  • STEP5
    LPトークンをステークする①

    Farmsのページに移動して、今回は「RAY-SOL LP」をクリックします。

  • STEP6
    LPトークンをステークする②

    「Stake LP」をクリックします。

  • STEP7
    LPトークンをステークする③

    特に理由がない限りMAXをクリックしてLPトークンを全量使用して「Confirm」をクリックします。

  • STEP8
    MathWalletで承認

    毎度のことですが、トランザクションを実行する時にはMathWalletのポップアップが開くので「Accept」をクリック。

  • STEP9
    完了

    このような表示になれば、ファーミングが開始され1分ごとにRAYが掘れます。現在掘れている数量は「PENDING RAY REWARD」のところから確認できます。

    [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]Solanaでは手数料負けはほぼありませんので、定期的にHarvestするようにしましょう[/chat]

RAYの単独ステーキング手順

次はファーミングで増えたRAYを単独でステーキングする手順を解説していきます。

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]増えたRAYでRAYを増やす。無限RAY増殖炉です[/chat]
  • STEP1
    RAYをプールに預ける①

    ページ上部のStakingをクリックしてRAYの項目をクリックしましょう。

  • STEP2
    RAYをプールに預ける②

    「Stake RAY」をクリックします。

  • STEP3
    RAYをプールに預ける③

    預けたい数量を入力して、「Confirm」をクリック。

  • STEP4
    MathWalletで承認

    MathWalletの承認ポップアップで「Accept」をクリック。

  • STEP5
    完了

    このような表示になれば操作は完了です。

    1分ごとにRAYが増えていくので、定期的にHarvestしていきましょう。

[chat face=”スクリーンショット-2021-09-09-114116.jpg” name=”アース西村” align=”right” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]この記事の内容は分かったんですけど、冒頭でお話していた激アツ情報というのは、、[/chat] [chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]簡単に説明しますね。[/chat]
  1. 誰でも絶対に1,400円分の仮想通貨が貰える。
  2. 毎週1回5,000円分の仮想通貨が1人貰える。(競争率激低)
  3. 毎週1回$5,000分の仮想通貨が貰える。(競争率高)

落ちているお金を拾う感覚で、是非こちらの記事を読んでみてください!

[box06 title=”あわせて読みたい”] 仮想通貨ユーザー必見!!激アツのエアドロップ情報[/box06]

まとめ

SOL-RAYのペアで流動性を供給する方法とRAYを単独でステーキングする方法をそれぞれ紹介しました。

記事で見ると長いですが、作業時間で見るとそこまでかからないはずです。

Solanaは手数料が安いので、細かくハーベストしても手数料負けがほぼなく、長期目線で見れば複利効果も期待できます。

今後プラットフォームとしてもかなり期待できますので、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

[chat face=”名称未設定-1.jpg” name=”ムーン北村” align=”left” border=”blue” bg=”none” style=”maru”]LINEで友達登録とかの条件も一切なく完全無料で全て公開しています。[/chat] 読んで損は絶対にさせませんので、是非参考にしてみてください!! [jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”https://p2p-all.com/3000-defi/” target=”_self”]詳しくはこちらから[/jin-button-flat]